京都府宮津市の国民健康保険計算

加入者年齢区分給与収入(税込年収)年金収入(年間)その他収入固定資産税
1人目
2人目
3人目
4人目
5人目
給与収入・・・源泉徴収票の支払金額を入力してください。
年金収入・・・源泉徴収票の支払金額を入力してください。(遺族年金、障害年金は除いてください)
その他収入・・・営業、農業、その他の事業、不動産等の収入金額は必要経費を除いた所得金額を合計して入力してください。
固定資産税額・・・土地と家屋分の固定資産税の合計額です。(都市計画税は除いてください)

全国平均から見た宮津市の国民健康保険料

ケース1
年間保険料
288,240円
全国平均より
17,987円 高い
ケース2
年間保険料
660,150円
全国平均より
91,954円 高い
ケース3
年間保険料
185,580円
全国平均より
26,041円 高い

宮津市の健康保険料率

項目所得割資産割均等割平等割限度額
A:医療分7.3%29%24,500円21,500円510,000円
B:支援分2.5%5.4%8,000円5,900円140,000円
C:介護分2.7%9.3%10,000円7,800円120,000円
所得割:所得に応じて一定割合で発生する保険料。所得が多い人ほどたくさんの保険料を納めることになります。
資産割:持っている家や土地の価値に応じて保険料が変わります。
均等割:加入者1人に対して定額でかかる保険料。
平等割:1世帯に定額でかかる保険料。人数による変動は無し。

京都府の保険料が
安い地域ランキング
30代 単身
年収400万円の場合
国保が安いランキング 京丹後市
(241,830円)
国保が安いランキング 京田辺市
(245,070円)
国保が安いランキング 舞鶴市
(256,143円)
国保が安いランキング 向日市
(262,790円)
国保が安いランキング 綾部市
(276,207円)
国保が安いランキング 長岡京市
(286,850円)
国保が安いランキング 宮津市
(288,240円)
国保が安いランキング 南丹市
(289,335円)
国保が安いランキング 亀岡市
(291,000円)
国保が安いランキング 八幡市
(298,911円)
国民健康保険料節約術へのバナー
京都府の保険料の差
30代 単身
年収400万円の場合
最高 京都市
337,586円
最安 京丹後市
241,830円